高校生からでも身長を伸ばすのに良い方法は?遺伝は関係する?

高校生からでも身長を伸ばすのに良い方法は?遺伝は関係する?

高校生からでも身長を伸ばすのに良い方法は?遺伝は関係する?

 

成長が緩やかになってきた高校生でも、身長を伸ばすためにできることはあるのでしょうか。もしかしたら「両親も背が低いから、これは遺伝なのかも…」と思っている人もいるかもしれません。遺伝によって身長が決まるのかも解説していきます。

 

 

身長が伸びるのには、先天的要因と後天的要因の2つが関わってきます。遺伝は先天性要因に含まれており、親の持つ遺伝子を子どもへ伝える現象です。
ただ遺伝は親の全てを継承するわけではありません。

 

 

今まで「自分の身長が低いから、子どもの背も伸びないのでは」と心配しているお父さんお母さんもいるのではないでしょうか。確かに親の身長が低いと、子どもの身長も低くなる確率もあるかもしれませんが、必ずしも「絶対」というわけではないです。

 

 

近年では背丈に関する親からの遺伝は、わずか2割程度という結果が明らかになりました。つまり身長を伸ばすためには、遺伝のような先天性要因よりも後天的要因が深く関わっているのです。

 

 

実際に身長の低い両親から生まれた子どもでも、親の身長よりはるかに大きくなったという報告も多数挙がっています。

 

高校生からでも身長を伸ばすのに良い方法は?遺伝は関係する?

 

では後天的要因には何があるのでしょうか。後天的要因の中でも特に大切なのが、規則正しい生活を送ることです。中でも「食事」や「睡眠」、「運動」は欠かせません。この3つを習慣付けると、成長ホルモンが活性化して身長が伸びやすくなります。

 

 

食事においては、1日3食摂るのはもちろん、バランス良く栄養を摂取するのが大切です。食生活が偏り気味な人は、足りない栄養素を補うためにサプリメントを利用するのもいいでしょう。

 

 

また成長ホルモンは睡眠時に1番多く分泌されます。高校生は1日8時間以上の睡眠が理想的です。さらに運動は脳を活性化させ、成長ホルモンが出やすい状態になります。

 

 

たくさん運動をした後はお腹も空くため、栄養を摂取しやすくもなるでしょう。特におすすめのスポーツはサッカーなどの走るスポーツや、バレーボールなどのジャンプするスポーツです。

 

 

骨に適度な刺激を与えるのが、背を伸ばすのに効果的と言われています。これらの習慣は、思春期が終了する高校生にもあてはまります。

 

 

まだ骨が十分柔らかく背が伸びやすい子どもほど大きな成長はないかもしれませんが、実践している人の中には5cm〜10cmほど背が伸びたという人もいるのです。

 

 

親の身長が子どもに遺伝する確率は、わずか2割程度しかありません。どちらかというと遺伝のような先天性要因よりも、後天的要因の方が重要になってきます。

 

 

日常生活において身長が伸びやすいクセをつければ、高校生でも十分成長する可能性があるでしょう。