身長を伸ばしたい人が日常生活の中でしてはいけない事はあるのか

身長を伸ばしたい人が日常生活の中でしてはいけない事はあるのか

身長を伸ばしたい人が日常生活の中でしてはいけない事はあるのか

 

身長を伸ばすために、日常生活において既に何か対策を取っている人もいるかもしれません。しかしあなたの行っている行動は、逆効果になっている可能性があります。身長を伸ばしたい人が日常生活でやってはいけないことには何があるのでしょうか。

 

 

身長を伸ばすために逆効果になっている行動を知るには、身長が伸びない原因からひも解く必要があります。まず背を高くするというのは、骨が成長するということです。

 

 

骨の成長には「成長ホルモン」が正常に分泌されなければなりません。このホルモンがきちんと分泌されないと、身長がなかなか伸びません。

 

 

また「寝る子は育つ」というように、身長と睡眠には密接な関係があります。特に大切なのは寝る時間帯です。成長ホルモンは夜中10時〜2時に最も多く分泌されるため、この時間帯に良質な睡眠を取っていなければなりません。

 

 

テレビ番組やテレビゲームの影響で夜更かししてしまうと、身長は伸びづらくなってしまいます。さらに十分な栄養を摂っていなかったり、運動不足もいけません。テレビゲームなどの影響により、外へ出て遊ぶ子どもが年々減少傾向にあります。

 

 

そのため意識的に身体を動かす機会を作らないと、運動不足になりやすいでしょう。身体を使うと脳が刺激され、成長ホルモンの分泌が促進されます。日頃から運動不足の人は、もちろんその逆です。これらが身長が伸びない原因になります。

 

身長を伸ばしたい人が日常生活の中でしてはいけない事はあるのか

 

ただ身長を伸ばすためにきちんと栄養を摂り、よく寝て、身体を動かしていても、それが逆効果になっているケースも存在します。例えば適度な運動は良いですが、負荷の大きい筋力トレーニングは筋肉のみならず関節や骨に負担をかけてしまうでしょう。

 

 

それにより骨が傷付いてしまうと、成長の妨げとなってしまいます。もちろん適度な回数であれば問題はありませんが、なるべくならある程度成長が止まってから行うのがおすすめです。

 

 

また骨を伸ばす栄養素というとカルシウムをイメージする人が多いでしょう。中でも牛乳はカルシウムを摂るのに適した食品の1つです。丈夫な骨を作るために牛乳を飲むのは良いことですが、それだけでは意味がありません。

 

 

同時に軟骨組織を増殖させるタンパク質などの栄養素も必要になります。様々な栄養素をバランス良く摂取してください。

 

 

さらに寝てばかりいるのも良くありません。休日にだらだらとベッドの上で過ごすのは、身長を伸ばすために必要不可欠な食事や運動がおろそかになりがちです。このようなクセがある人は、日常生活を見直してみましょう。

 

 

身長を伸ばすためには「上質な睡眠」や「適度な運動」、「栄養を摂る」ことが大切です。ただどれもやりすぎては逆効果になります。

 

 

そのため日頃から寝てばかりいたり負荷のかかる運動をしたり、栄養が偏った生活をしている人は日常生活における行動を見直してみましょう。