アルギニンは成長期のピークである中学生が飲んでも身長は伸びる?

アルギニンは成長期のピークである中学生が飲んでも身長は伸びる?

アルギニンは成長期のピークである中学生が飲んでも身長は伸びる?

 

成長期のピークである中学生は、特別なことをしなくてもグングンと成長していきます。ただより大きく成長したければそれなりの工夫が必要です。

 

 

身長を伸ばす方法の1つにアルギニンという栄養素を摂取するのが挙げられますが、中学生が飲んでも効果はあるのでしょうか。

 

 

アルギニンはタンパク質を構成するアミノ酸の1つで、成長期の子どもは体内で生成できないという特徴があります。そのため毎日の食事やサプリから摂取しないと、不足してしまいやすいです。

 

 

また中学生は部活や遊びなどを通して活発に身体を動かすため、不足しやすくもあります。万が一不足してしまうと免疫力が低下し病気にかかりやすくなりますし、筋肉の損傷を治癒するまでに時間がかかり成長を阻害する可能性があるのです。

 

 

そうならないためには1日に2000mg〜4000mg以上の摂取が必要になりますが、食事だけ摂ろうとするとなかなか難しいでしょう。実際にこれだけの量を食事のみでまかなうためには、鶏肉を200g〜300gほど食べなければなりません。

 

 

これはさすがに無理があるため、一般的には食事で足りない分はサプリで補うのが理想的と言われています。特にスポーツをしている人は、サプリを使用しないとカロリーオーバーになりやすいでしょう。

 

 

またアルギニンには、骨の発達を促す成長ホルモンの分泌を活発にする働きがあり、「背を伸ばしたい」と思っている育ち盛りの中学生は積極的に摂取するのが好ましいです。

 

アルギニンは成長期のピークである中学生が飲んでも身長は伸びる?

 

実際に体内のアルギニンの量が多い子どもは、少ない子どもと比べて身長の伸び幅が大きいことが分かっています。就寝前に摂取することで、成長ホルモンの分泌量をより多くしてくれるでしょう。加えて十分な睡眠時間を確保すれば、効果が早く現れます。

 

 

また身長を伸ばすためには様々な栄養素が必要となり、特定の栄養素だけを摂取するのでは意味を成しません。つまりアルギニンだけを体内に取り込むのでは、成長には不十分ということです。

 

 

他にも背を高くするカルシウムやタンパク質、ビタミンDやコラーゲンなどをバランス良く口にしなければ、期待通りの効果は得られません。しかしながら毎日の食事にこれら全ての栄養素を取り入れるのは困難を極めます。

 

 

しかもそれぞれの栄養素には相性があり、食べ合わせによっては必要な栄養素が体内に吸収されないケースも存在するのです。そのため食事にプラスして、アルギニンを中心に骨の成長に欠かせない成分が配合されたサプリを飲むのをおすすめします。

 

 

アルギニンは身長を伸ばすために欠かせない栄養素ですが、成長期の中学生はまだ体内で生成できません。食事だけでは十分な量を摂取するのが難しいため、サプリで補うのが理想的です。

 

 

アルギニンを中心に身長を伸ばす成分が配合されたサプリなら、より効率的に身長を伸ばせるでしょう。