身長が遺伝に影響する割合と背を伸ばすのに重要な生活習慣について

身長が遺伝に影響する割合と背を伸ばすのに重要な生活習慣について

身長が遺伝に影響する割合と背を伸ばすのに重要な生活習慣について

 

「両親の身長が低いから、自分の身長も低いだろう」と半ば諦めている人もいるかもしれません。実際に親の背の高さはどのくらい子どもに遺伝するのでしょうか。

 

 

もちろん100%遺伝するわけではないので、背を伸ばすのに重要な生活習慣も確認しておくのが大切です。

 

 

最近では両親の身長が子どもに遺伝する割合は、たったの20%しかないと言われています。それまでは身長の8割が遺伝と言われていましたが、この60年で日本人男女の平均身長が10cm以上伸びていることにより覆されました。

 

 

特に男性の場合は、60年間で18cmも伸びているというのですから驚きです。また経済状況の理由により過酷な生活を送っている人々は、同じ民族でも身長が低くなりやすいという研究結果も出ています。

 

 

このように今や身長は遺伝などの先天性要因よりも、どのような生活習慣を送るかといった後天的要因の方が強いです。

 

 

アメリカではジャンクフードを食べる頻度が他国よりも多く、身長を伸ばすのに必要な栄養素が不足していることから、徐々に平均身長が低くなっているという結果が出ています。

 

 

また成長期の双子の兄弟が、家庭の事情により兄だけ2年間施設で暮らすことになりました。兄弟共にたくさん運動をして十分な睡眠を取り、バランス良く栄養を摂り生活を送りました。

 

身長が遺伝に影響する割合と背を伸ばすのに重要な生活習慣について

 

その生活習慣が功を奏して兄弟は平均以上の身長になりましたが、弟の身長の方が兄よりも高かったのです。両親と離れて暮らしていた兄は愛情を十分に受けられず、それがストレスとなって成長ホルモンの分泌が悪くなったようです。

 

 

これらの研究から分かったことは、身長を伸ばすためにはバランスの取れた食事を摂り、よく運動をしてよく眠り、なるべくストレスのかからない生活を送ることでしょう。

 

 

成長に必要な栄養素にはカルシウムやマグネシウム、亜鉛やタンパク質などが挙げられます。基本的にはこれらを食事の中で摂取するのが理想的ですが、不十分な場合はサプリを使って補いましょう。

 

 

運動については極度に筋肉に負荷をかけるようなものは避け、走ったり跳ぶようなスポーツを行うのがベストです。

 

 

さらに睡眠については、最低でも7時間は眠るようにします。このような生活習慣を身に着ければ確実に背は高くなりますが、部活動をしていない子はスポーツをする機会があまり無いかもしれません。

 

 

またテレビやゲームに夢中になり、つい夜更かしをしてしまうこともあるでしょう。運動や睡眠に意識を向けるあまりストレスを抱えると、成長ホルモンの分泌が抑制されてしまいます。そのためストレスをかけないことを第一に、食事による工夫で身長を伸ばすのがおすすめです。

 

 

身長が遺伝に影響する割合は約20%で、そこまで高くはありません。遺伝はあまり影響しないので、身長を伸ばすのには生活習慣が重要になります。食事でバランス良く栄養素を摂取し、過度なストレスがかからない生活を送るよう心掛けましょう。