プロテインは身長の伸びに悪影響を及ぼす?筋肉と身長の関係性

プロテインは身長の伸びに悪影響を及ぼす?筋肉と身長の関係性

プロテインは身長の伸びに悪影響を及ぼす?筋肉と身長の関係性

 

子どものうちから必要以上の筋肉を付けると、身長の伸びに悪影響という説があります。スポーツをしている子は特に、筋肉を付けようとプロテインを飲んでいることが多いです。筋肉と身長の関係性を知ると、効率の良い身長の伸ばし方が分かるかもしれません。

 

 

プロテインは、ご存知の通り身体や筋肉を大きくするためのものです。タンパク質を粉末状にしたもので、体内に吸収しやすく簡単に良質なタンパク質を摂取できる点では非常に優秀と言えるでしょう。

 

 

しかしタンパク質の摂取だけでは骨の成長には不十分で、これだけでは身長は伸びません。プロテインが必要なのは、筋肉に極端なまでの負荷をかけるトレーニングを行う人です。通常はそこまでのトレーニングを行うことはありませんし、

 

 

成長期にプロテインが必要になるくらいの運動をするのは、身長が伸びるのを阻害してしまいます。また不十分なトレーニングや運動をしない人がプロテインを飲んでも、タンパク質は余ってしまい尿と一緒に排出されるでしょう。

 

 

それだけなら問題はありませんが、これが習慣化するとタンパク質の過剰摂取により腎臓に負担かかかってしまいます。そのため成長期の子どもは特に、栄養摂取は食事で行うのが好ましいです。

 

 

次に筋肉と身長の関係性ですが、結論から言うと筋肉の付け過ぎは骨の成長を妨げる原因となります。筋肉は内臓を衝撃から守るメリットがありますが、成長ホルモンの分泌を阻害し骨や皮膚の成長を妨げるデメリットもあるのです。

 

プロテインは身長の伸びに悪影響を及ぼす?筋肉と身長の関係性

 

成長期の子どもはホルモンの分泌と骨の成長が身長を伸ばすカギになるため、筋肉の付け過ぎには注意しましょう。既に相当な筋肉量があるという人は、伸び幅は少ないですが全く伸びないというわけではありません。

 

 

しかし1番好ましいのは1度筋肉量を減らすことですが、せっかく努力して付けた筋肉を落としたくないという人もいるでしょう。そのままの状態で身長を伸ばしたい人は、背を伸ばすためのサプリを摂取するのが最善の方法です。

 

 

毎日の食事も摂りつつサプリもプラスすれば効率良く身長を伸ばせるので、筋肉量が多い人でも骨が伸びやすくなります。しかもサプリには栄養素がバランス良く配合されており、その中にはタンパク質も入っているため自ずと程よい筋肉を付けられるでしょう。

 

 

プロテインは良質なタンパク質を摂取するのには向いていますが、それだけでは身長を伸ばすのに不十分です。

 

 

また筋肉の付け過ぎは成長ホルモンの分泌を鈍らせ、骨や皮膚の発達を阻害します。筋肉を付けるのは十分な身長を手に入れてからにするのがおすすめです。