成長期のラストスパートに行っておきたい身長を伸ばす習慣

成長期のラストスパートに行っておきたい身長を伸ばす習慣

成長期のラストスパートに行っておきたい身長を伸ばす習慣

 

成長期といえば、男の子も女の子も身長が大きく伸びる最後のチャンスとなり、この時期にどれだけ成長できるかが最終身長に響きます。

 

 

「背を伸ばすために何をしたら良いか」と考えていたら、いつの間にか成長期のラストスパートに差し掛かっていたという人も、まだ諦めるには早いです。

 

 

成長期を迎えるとグングンと身長が伸びるため、この調子でどこまで成長できるかが大切だと考えている人も多いでしょう。一方でこの時期こそ、身長が伸びる最後のチャンスだと思っている人はそう多くはないかもしれません。

 

 

急激に成長が始まると、このまま数年後にはもっと大きくなっていると考えがちですが、実は身長を伸ばせる時間はあまり残されていないのです。

 

 

成長期の後半になると、大人の身体になるための最終調整が始まるでしょう。それは骨も同じで、柔らかく伸びやすい子どもの骨から硬く丈夫な大人の骨へ変化していきます。

 

 

大人の硬い骨は太く頑丈な代わりに伸びにくいです。子どもの頃に存在していた、骨を伸ばすための骨端線が無くなってしまいます。

 

 

骨が伸びないということは身長が伸びないことを意味し、その後は骨の歪みを矯正し真っ直ぐにすることで身長を伸ばすしか方法はほとんどありません。そのため成長期こそ、身長に大きな変化を与えられる最後のチャンスと考えるべきです。

 

 

成長期のラストスパートで身長を伸ばすには、生活習慣の見直しが必要となります。最も簡単な方法は睡眠の改善でしょう。

 

成長期のラストスパートに行っておきたい身長を伸ばす習慣

 

テレビ番組やゲームなどの影響でつい夜更かしをしてしまいがちになりますが、背を伸ばすために重要な成長ホルモンは睡眠時に特に多く分泌されます。より深く質の良い睡眠を取れば、成長ホルモンもたくさん分泌されるのです。

 

 

また睡眠時間も大切で、成長期のラストスパートでは最低でも7時間以上眠るようにしましょう。運動もまた成長ホルモンの分泌を促進する方法の1つです。

 

 

日頃から運動をしている人は問題ありませんが、運動不足になっていると感じる人は身体を動かす工夫をしてください。特に「走る」「跳ぶ」などのスポーツが効果的です。

 

 

食事による栄養摂取も欠かせません。骨の成長に欠かせないアルギニン・タンパク質・ビタミンD・カルシウムを多く含む食事を心掛けましょう。

 

 

とはいえ毎日自分でご飯を作るのは非常に困難なため、お母さんにお願いしてバランスの良いご飯を作ってもらうと良いです。

 

 

成長期もラストスパートに差し掛かり、成長が緩やかになっても諦めてはいけません。骨端線が閉じていない限り身長は伸ばせるので、睡眠・運動・食事の3つの生活習慣を工夫して骨を伸ばすのには欠かせない成長ホルモンの分泌を促進しましょう。