成長期に起こる体の変化とチャンスを逃さず背を伸ばす方法

成長期に起こる体の変化とチャンスを逃さず背を伸ばす方法

成長期に起こる体の変化とチャンスを逃さず背を伸ばす方法

 

成長期と聞くと、単に「子どもが成長する時期のこと」と考える人が多いです。確かに間違いではありませんが、特に成長が著しい時期と捉えるのが最適でしょう。

 

 

子どもの成長を見守るお母さんお父さんとして、成長期における身体の変化とチャンスを逃さずに身長を伸ばす方法を知っておくのが大切です。

 

 

様々な説がありますが、成長期は思春期を迎える頃までの10年間を指します。しかしこの成長期は男の子と女の子で多少ズレがあり、男の子の成長期は中学生〜高校生、女の子は小学校高学年から中学生くらいです。

 

 

厳密にいうとこのようになりますが、一般的には10歳〜17歳を指します。成長期を迎えた男の子は、喉仏が出てきて声変わりをするのが特徴的です。

 

 

そして筋肉や骨格が発達し、がっちりとたくましい体つきになります。これまでの柔らかくなだらかな幼児体型から、ゴツゴツと硬くより男性らしい体つきに変化していき、身長も急激に伸びます。

 

 

身長の伸び幅には個人差がありますが、最初の2年くらいは年間7cm〜8cmのペースで、その後徐々に伸び幅が減少していくでしょう。

 

成長期に起こる体の変化とチャンスを逃さず背を伸ばす方法

 

成長期全体での伸び幅は平均して25cm程度です。一方で成長期を迎えた女の子は、より丸みを帯びた体つきになり初潮を迎えます。

 

 

身長の伸び幅としては、最初の2年くらいは年間7cm〜8cmと急激に大きくなりますが、その後の成長は緩やかです。成長期全体での身長の伸び幅は、平均して22cm程度になります。

 

 

男の子も女の子も成長期が始まった最初の2年間はグングン背が伸びますが、3年目からの伸び幅はそこまで大きくありません。

 

 

ただこれはあくまで平均値です。工夫を行えば、もっと大きくなることも可能でしょう。チャンスを逃さずに背を伸ばす方法の1つに運動が挙げられます。

 

 

身体を動かすと成長ホルモンの分泌が促進され、骨が伸びるよう命令を送ります。ちなみにサッカーなどの走るスポーツやバスケなどのジャンプをするスポーツがおすすめです。

 

 

次に重要になるのが睡眠でしょう。成長ホルモンは眠っている間、特に多く分泌されます。しかもどれだけ深い眠りにつけたかで分泌量が異なり、理想的な睡眠時間は8時間〜10時間です。

 

 

背を伸ばすためには、食事による栄養摂取が何よりも大切になります。アルギニンやカルシウム、ビタミンDを中心に毎日の食事を工夫してみてください。

 

 

ただ毎日献立を考えるのは大変ですので、足りない栄養素はサプリメントなどを用いて補給するのも良いでしょう。

 

 

男の子も女の子も成長期を迎えると、グングン背が伸びていきます。ただそれは成長期を迎えた最初の2年間で、その後はそこまで大きく伸びることはありません。

 

 

しかし背を伸ばすための工夫をすれば、成長のピークを過ぎても十分伸びる可能性があります。チャンスを逃さずに運動や睡眠、食事の工夫を続けてみてください。