身長を伸ばす食べ物ってあるの?栄養素の解説とレシピを紹介

身長を伸ばす食べ物ってあるの?栄養素の解説とレシピを紹介

身長を伸ばす食べ物ってあるの?栄養素の解説とレシピを紹介

 

より健康的に身長を伸ばしたいという人は、食事から見直す必要があります。ここでは身長を伸ばすのに効果的な栄養素とおすすめのレシピを紹介しますので、実践してみてはいかがでしょうか。子どもの成長を願うお母さんも参考にしてみてください。

 

 

骨の成長をサポートする栄養素は、カルシウム・ビタミンD・マグネシウム・亜鉛・タンパク質の5種類で、これらをバランス良く摂取するのが大切です。カルシウムは太く頑丈な骨を作ったり、骨の元を生成するのに欠かせません。

 

 

ただ他の栄養素と比較して吸収されにくく、全身に行き渡らないこともあります。そのため毎日の食事できちんと口にしておかなければなりません。

 

 

カルシウムを多く含む食べ物は乳製品を代表として、ワカメ・しらす・イワシなどの海産物や切り干し大根・チンゲン菜・モロヘイヤなどの野菜類、大豆製品などが挙げられます。

 

 

マグネシウムも骨を形成するのには欠かせない栄養素で、カルシウムと同じくらい重要です。特にマグネシウムをきちんと摂らないとカルシウムが体外へ排出されてしまうため、骨が伸びにくくなります。

 

 

効率良く摂取する工夫として、まずは白米を玄米に切り替えてみてください。おやつにナッツ類や昆布などの海藻類を出のも良いでしょう。

 

身長を伸ばす食べ物ってあるの?栄養素の解説とレシピを紹介

 

ビタミンDはカルシウムの吸収をサポートする栄養素で、より強い骨を作り出す役割があります。あらゆる魚類やしいたけ、しめじに多く含まれているでしょう。

 

 

亜鉛は体内にあるほとんどの組織を成長させる効果があり、不足しやすい栄養素でもあります。肉類・カキ・納豆などで補給するのが一般的です。

 

 

人体の約60%が水分と言われていますが、次に多いのがタンパク質です。肉類や魚類、大豆類や乳製品などほとんどの食べ物から摂取できるため、1回の食事に必ず取り入れましょう。

 

 

身長を伸ばすためのレシピとして、具沢山のお味噌汁がおすすめです。好きな野菜にプラスして、タンパク質とカルシウムが豊富な木綿豆腐を入れましょう。

 

 

続いてひじきを使った煮物もメニューに入れてください。ひじきに多く含まれるカルシウムと煮干しに含まれるマグネシウムがお互いに助け合い、健康的な骨の生成を促してくれます。

 

 

ご飯のお供でもあるふりかけも手作りが良いでしょう。小松菜や大根の葉と桜エビ、炒りごまを入れるのがポイントです。

 

 

身長を伸ばすためには、カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・亜鉛・タンパク質の5つの栄養素をバランス良く摂取しなければなりません。今回紹介したレシピは作り置きができるため、忙しいお母さんにもピッタリです。