知っておきたい身長を伸ばすストレッチを効果的に行う3つのコツ

知っておきたい身長を伸ばすストレッチを効果的に行う3つのコツ

知っておきたい身長を伸ばすストレッチを効果的に行う3つのコツ

 

ストレッチによる歪みの矯正は、子どもから大人まで有効な身長を伸ばす方法です。他の方法と比較しても簡単で、健康促進にも繋がります。せっかくストレッチをするなら、より効果的に身長を伸ばせるコツを身に着けておきたいものです。

 

 

身長を伸ばす方法には食事や運動、睡眠方法の改善や手術など実にたくさんありますが、中でもおすすめなのはストレッチです。

 

 

一般的に成長期の子どもは、1年間に5cm〜10cm程度伸びると言われていますが、筋肉が硬いと成長の妨げとなり背が伸びにくい身体になってしまいます。

 

 

しかし日頃からストレッチをしていれば、しなやかで柔らかい筋肉が作れるでしょう。またストレッチにより血行が促進されると成長ホルモンが活発になり、背が伸びやすくなります。

 

 

さらに日常生活でクセになってしまった骨の歪みを矯正できるのも嬉しいところです。猫背やO脚気味になっている人は、骨の歪みを矯正するだけで5cm程度身長が伸びます。

 

 

中には10cmくらい伸びた人もいるほどです。子どもだけではなく大人でも背を高くできるため、実践してみる価値は十分あるでしょう。

 

 

身長を伸ばすのに効果的なストレッチのコツとして、まず1つは身体を伸ばす時間です。一般的に1つの部位に対し、1回約30秒は伸ばします。

 

知っておきたい身長を伸ばすストレッチを効果的に行う3つのコツ

 

ただ各部位によって筋肉の大きさは異なるため、目安としては太ももなどの大きな筋肉は、比較的ゆっくりと時間をかけて30秒くらいストレッチを行うのが効果的です。

 

 

逆に腕などの小さい筋肉を持つ部位は、15秒くらいで構いません。小さい筋肉は強く刺激し過ぎると傷めてしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

 

2つめのコツとして、1日のうちどの時間帯にストレッチを行うかになります。一番効果的な時間帯は入浴後で、筋肉を伸ばすのには身体が十分に温まっているのがベストです。

 

 

入浴後のからだは水分不足の状態になっているため、コップ1杯分の水分を補給してから行います。またお風呂から上がって約40分後にはからだが冷え筋肉が伸びにくくなるため、なるべく早くストレッチをしてください。

 

 

3つめはストレッチによって矯正した骨の位置をキープすることです。歪んだ骨を元の位置に戻してあげることで身長が伸びると説明しましたが、日常的に正しい姿勢を保たないとすぐに歪みが戻ってしまいます。そのため普段から姿勢正しく生活するよう心掛けましょう。

 

 

ストレッチは身長を伸ばすのに大変効果があります。各部位を伸ばす時間や行う時間帯、さらに歪みが矯正されたからだをキープするとさらに効果的です。